ライオン病(頭蓋骨形成異常疾患)の映画。マスク1984年ロッキー感想。

ライオン病(頭蓋骨形成異常疾患)の映画
マスク1984年ロッキーの感想です。

ネタばれしていますよw

映画マスクを見ました。

兄がツタヤディスカスで借りたDVDで、
兄から薦められて見ました。

マスクといえば、ジムキャリーのマスクを
頭に浮かべると思いますが違いますよ。

こちらのマスクです。

↓ ↓

主人公ロッキーは、新生児2200万人に一人の割合で起こる
非常にまれな頭蓋骨形成異常疾患という奇病に冒されています。

難しい名前ですが、別名ライオン病とも言われるぐらい、
顔が膨張しています。

映画のタイトルがマスクなのは、
マスクをかぶっているように見えるからです。

映画の中でも、「マスク取れよ」って冗談言われていました。

こんな事言われたらどうします?

泣きますね。死にますね。言われなくてもつらいのに。


スポンサーリンク

マスクの主人公 ロッキー

この映画は実話を元に作っているらしいですよ。

自分が同じ状態になったら、外に出ないだろうな、、、

映画の中のロッキーは明るくて、頭がよく、
母親の友達、バイカー仲間に囲まれて楽しく過ごしています。

なので、外に出るのも平気。

転入して通い始めた学校でも、勉強ができることから、
すぐに一目置かれる存在になります。

母はドラックと男に素直な人。
好きなものは仕方ないという自由人なので、
家事はロッキー任せです。

しっかりするしかない状況なのと、
自由人の母の元に生まれたロッキーは、
明るく育ったのでしょう。

教育ママの元だったら、外にも出ない
気弱な少年に育っていたんじゃないかな?

僕はこの映画を見て、母親役をしている人
見たことあるな~っと思ってずっと見ていました。

前にこの映画を見たのかもしれません。

ロッキーのほうが印象的なのに、
ロッキーのことを覚えていない(笑)

僕の気のせいでなかったら、変な記憶力ですねw

ロッキーは転校先で彼氏がいる、かわいい女の子を好きになります。

でも自分の顔は、、、、

明るいロッキーでも当然悩んでいるんです。

母には、お前は心が綺麗だから、
みんなから好かれると励まされます。

そんなこといいながら、バーで女の子買って
家に連れてきたりします(笑)

ロッキーのことを知っている人は、
ロッキーの事好きになるけど、

知らない人が見たら化けもの!
母はその間で苦しんでるんです。

なので女の子を買ってしまう行動にもでます orz

ロッキーは怒りますが、母なりの優しさなのも分かっています。

校長先生の勧めで、盲人のサマーキャンプにきた
ロッキーは運命的な出会いをします。

目の見えないお姫さまを発見!

好きだー

そうなりますね(笑)

彼女もロッキーの事好きになりますが、

彼女の親に反対されます。

サマーキャンプが終わって、電話をしても彼女の親が出してくれない。

どうしても会いたくて、会いに行くロッキー

お互いの気持ちを確認して家に帰ります。

その後、頭が痛いといってロッキーは寝ますが、
次の朝死んでいました。

マスクは主人公が死んでしまう映画でした。

悲しいですが、映画の中で何度も頭が痛いといっていたので、
最後はやっぱりそうなるかって感じでした。


スポンサーリンク

意地悪な感想

この映画を見て僕の感想ですが、
ちょっと意地悪なこと言ってしまうと、

ロッキーも女の子の顔を見て、判断してんじゃんて思いました(笑)

めちゃくちゃかわいい子ゲットしています。

ブスの女の子と付き合っても映画がにならないから
仕方ない流れなんでしょうけど、、、

僕だけですかね~
この映画見て、そんな意地悪なこと思ったのは。

女性がこの映画見たらどういった感想持つのかな?
聞いてみたいですw

あとこの映画をみて

僕も10代の時に、顔のことで悩んでいたのを思い出しました。

悩みが教えてくれたこと

顔に対する悩みは3つありました。

生まれつきのアザ。耳が大きい。歯並びが悪い。

歯並び

中学校のとき同級生に、
ドラキュラみたいと言われてショックで矯正しました。

言ったほうは気楽に言ったつもりでしょうが、
歯並びが悪くて、気にしていた僕には大打撃でしたよ。

絶対治しやると思って、治しました。

この同級生にはある意味感謝していますw

耳が大きかったのでサルと言われていました。

言われたのは小さい時だけでしたが、
その後もずっと気にしてました。

特にきつかったのは、小学校1年のとき

先生に「どっちの耳が大きいの」って言われたことです。

先生でも平気で傷つくこと言うんだと、
人生について学ばせてもらいました(笑)

今でも覚えているぐらいですから、小さい子供にとって、
大人の言葉は刺さりますよ。

小さい子はとく敏感なので、気をつけてくださいね!

生まれつきのアザ(扁平母斑)

生まれつき、茶色いアザが顔にあります。
男ですがヤッパリ気にしていました。

顔ですからね~ 隠すことは出来ません。

子供のときは、顔を見られるのが嫌だった記憶があります。

僕の顔を見てたまにですが、
ちょっと驚いている人がいました!

顔にアザがある人を、見たことがないのかもしれませんが
ヤッパリ傷つきますよー

アザがある人を見てもあまり驚かないでくださいね!

3つの悩みについて書きましたが、

大人になってからは、それほど気にすることがなくなりました。

今回映画を見て、
10代のときは、傷つきやすい少年だったなって思い出しました。

ロッキーに比べたら大した事ないですけどねw

傷つきやすかった少年の僕は、学校の勉強ができなかった代わりに、
人の気持ちが少しは分かる、大人になることができました。

コンプレックスが人を成長させくれるんですね。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ、自律神経失調症でもできる仕事。 せどりまとめ記事

一日一食と甲田療法で自律神経失調症を治す。 食事まとめ記事

自律神経失調症になった理由  僕の暗い過去話 まとめ記事