プロフィール 

はじめまして!

僕は兄と二人暮らしをしています。

僕は今32歳なのですが、

自律神経失調症になって26歳~30歳までの
約4年間働いていませんでした。

自律神経がおかしくなるとそりゃ~大変なものです!

僕の自律神経失調症の症状

めまいで頭がクラクラするし、横になるとグワングワン波うつし、

体に赤いブツブツが出てきたり、

手足、顔なんかにビリビリと痺れが出てきたり、

足がぶるぶる震えたり、オシッコがめちゃくちゃ近くなったり、

飲みこめない感じが出て、ご飯がなかなか入っていかなかったり、

だるくて自分の体じゃないかのような重さで、歩くのもしんどかったり、

歩いている時に頭がボーとしてきて、自分がどこを歩いているのか
わからなくなりそうになったり、

ご飯を食べている時に、ものすごい眠気に襲われて、
そのまま寝てしまいそうになったり、

目がショボショボして前が見ずらくなったり、

首にイライラ感が出てきてイライラしたり、

鼻水が本当に水みたいに止まらなくなったり、

鼓膜が痛くなったり、

胃もたれで食べれなかったり、

胸にゲップがつまった感じになって、
ゲップが出ても、また次のゲップがつまった感じになって、苦しくなったり、

発狂するような感じが出て、窓ガラスを突き破りたくなるぐらい
じっとしていられなくなったり、

息が苦しくて外に出るのが怖くて、ビクビクしていました。

書いていて、こんなに酷かったのかと
自分でも驚いています!

今は酷いときに比べて、
だいぶ良くなっているのに気づきました。

自分じゃわからないですからね(笑)

これだけ悪かったら我慢して働けるわけないです。

働けないぐらい自律神経失調症が悪化。

僕が雇われて働いたのは26歳のときが最後でした。
(ちなみに4ヶ月の短期のバイトです)

バイト先にバスで移動していたんですが、

ある時バスの中で息が苦しくなってどうしようもなくなって、
次の停留所で降りました。

それからはバスに乗るのが怖くて、停留所の距離が長いところは歩いて、
短いところだけ目をつぶって乗っていました。

バイト先でも

1日の間に1時間以上、ガクッと調子が悪くなって、
どうしようもない感じが出ていました。

それでも我慢して、
短期のバイトが終わるまではと思って続けていたんです。

でも最後の一週間は耐えられなくなって、
休みました。

会社は必要だから短期のバイトを入れたのに、
休むんだからどうしようもない、、、

でも僕は、我慢できないぐらいボロボロだったんです。

 自分は自律神経失調症だと知る。

休んでいる間にバイトは終わったので、ホッとしました。

その後の僕は時間が経てば良くなるだろうと、
まだ楽観的でした。

それが、

いくら時間が経っても良くなっていく気配がない!

どうにか自分で治そうと、ネットで調べてみると
自分は、自律神経失調症ではないかとわかりました。

自律神経失調症だとわかったので、
自律神経失調症が良くなる方法を調べて、

漢方、サプリメント、気功、ストレッチ、
自立訓練、催眠CD、タッピング、ホットパック、生姜紅茶

など色々試しました。

どれをやってみても、
大して効果を感じることがなく、ただ時間だけが過ぎていきました・・・。

腸を綺麗にすると健康になる!

去年、病気になるのは腸が汚れているからだと知って、
食事療法を試してみました。

今までどんなことをしても、大して効果がなかったのに、
食事を変えたら1ヶ月~2ヶ月ほどで症状が緩和しましたよ!

具体的には甲田光雄さんの本に書いてある
運動、食事を実践しました。

甲田療法を実践した時の記事はこちら
↓ ↓
甲田療法を実践したらこうなった!

腸をキレイにする! (日経ヘルスブックス)

最近では一日一食を実践しています。

「空腹」が人を健康にする

人間は食べることが基本なんだと、
あらためて勉強になりました(笑)

一日一食、1ヶ月間の体験談はこちら
↓ ↓

一日一食健康法の効果は?

自律神経失調症でお困りの方、試してくださいね!

希望の二人暮らしから一転、、、

毎日働かないで過ごしていた僕は、
親と顔を合わせるのがつらかったので、

兄を誘って3年前に二人暮らしを始めました。

当然僕は、お金が稼げないので親からの仕送り3万円と、
兄のバイト代で生活していました。

僕はとにかく節約することを心がけて、
家事をこなしながら、ひっそりと生活していました。

二人暮らしを始めて僕は、
ひっそりとした生活が、長くは続かないことがすぐにわかりました。

なぜか?

兄の様子がおかしかったからです。

こちらをご覧ください!
兄が普通の状態じゃないことが分かる記事です。

↓ ↓

二人暮らしを始めて兄の様子がおかしい

兄がうつ病だとこの頃にわかって、
その後半年ほど粘りましたが、耐え切れなくなって辞めました。

二人暮らしを始めて約1年間の出来事です。

もう僕たち兄弟は終わりだ、、、、、

親の仕送り3万円で生活できるわけないし、
いつまで貰えるかわからない。

普通だったらまたバイトを探せば良いけど、
僕たち兄弟には次がありません。

生活保護を受けるか、ホームレスになるしかない・・・。

僕は生活保護を受けれると思っていなかったので、
ホームレスになる自分を想像していました。

ネットの向こうに新しい世界を知る

兄がパソコンを使えたので、
ネットを使って稼げないか考えました。

せどりというのを聞いたことがあったので、

とりあえずせどりを調べてみると、
せどりで生活している人がいることを、すぐに知ることが出来ました。

うつ病からせどりを始めた人のブログを見つけて、
毎日せどりの勉強です。

必要な物を買い集めたり、せどりの商材を買って勉強しました。

せどりとは、本などを仕入れて、
Amazonで売ることが基本になっています。

どこで売ってもいいのですが、
一番簡単に販売できて、売れやすいので、
せどりをやっている多くの人は、Amazonで販売しています。

Amazonで販売するにはクレジットカードが必要です!

僕はクレジットカードの問題で、
なかなかせどりを始めることができなくて、

1ヶ月半ほど待ちました。

動き出せない日々に、
本当に稼げるのか不安で頭を抱えていました。

いっそう辞めてしまおうか?! なんて思ったこともあります。

でも、辞めることはすなわち死です。

この先どうなるか不安だけどやるしかない!
それだけで踏みとどまっていました。

その後、なんとかせどりを始めることができて、
2年経った今では節約しながらですが、生活できるようになりました。

せどりのおかげでホームレスにならなくてよかった(笑)

自律神経失調症になっても生きていける。

僕たち兄弟みたいにうつ、自律神経失調症などで
普通に働けなくなったなら、せどりに挑戦してみてください!

現在休職中の方、今働いているけど限界を感じている方などに
せどりのことを知っていただきたくて書きました。

ネットを使ってお金を稼ぐ方法の中で、
もっとも簡単に出来ると思います。

全くの初心者でも、やり方さえ間違えなければ
1ヶ月以内に稼ぐことだってできる。

自律神経失調症になってもお金が稼げるなんて、
過去の自分が知ったら泣いて喜んだと思います。

あの時は症状が酷すぎたので、すぐには行動できなかったけど、
自分にもやれることがあるんだと分かるだけで、
生きていく希望になりますからね!

食事療法で自律神経失調症の症状を緩和して、
あなたもせどりにチャレンジしてみませんか!

せどりに興味がある方はこちらの記事を読んでくださいね。
最初の文章が長いので飛ばして、せどりとは?からでいいですよ(笑)
↓ ↓
うつ、自律神経失調症でもできる仕事

まずはちょっとしたお小遣い稼ぎだと思って、
気楽に始めてみるといいかもしれませんねw

自分の力で稼げることを実感して、
心に余裕が持てたらまた前に進めます。

せどりをしながら、やりたいことを見つけたらいいんですから!

僕の自律神経失調症の症状と、それを緩和させる方法、
自律神経失調症でも出来る仕事をお伝えしました。

少しでもお役に立てたらうれしいです。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加