うつ、パニック障害、自律神経失調症を薬に頼らず自分で治す方法!

うつ、パニック障害、自律神経失調症を
自分で治すことができるの?

最近アマゾンで本を見ていたら
鬱の本がでてきて、なんとなく見てみると、
レビューが沢山入っていて高評価。

これは!
↓ ↓

医師や薬に頼らない! すべての不調は自分で治せる

本を読んでみると、たんぱく質と鉄分が大事であることが
書いていました。

男性の場合は鉄分不足はあまりないということで
タンパク質を取り始めました。

肉、魚をそんなにたくさん食べることが
なかったので全然足りていませんでした。

足りていないから調子が悪い。

まさか、栄養が足りていなかったとは!

値段も安くて、手軽に食べられる卵を
毎日3個食べ始めました。

兄も鬱なのですすめて、卵1個+プロテインを始めました。
(兄は僕のすすめなので、とりあえず始めた感じです)

最初「プロテインは飲みたくない」というので。

なんで?って聞いてみるとムキムキになるからだと。(笑)

飲むだけでムキムキにはならないからと説得して
試しに買ってみました。

僕が買った物はすごく飲みにくくて
美味しくなかったのでガッカリしました。

プロテインてこんなに美味しくないんだ、、、

捨てるのももったいないので、
ジュースに入れて試しに飲むと普通に飲めました。

兄はコーヒーに少し混ぜて飲んでいます。

プロテインが飲みにくかったので兄には
卵2個にしてもらいました。

あれから一か月半が経ち、
体調が今までより良くなってきました。

朝から頭がボーとする感じと、
目がしょぼしょぼした感じがいつもあり、
時間関係なくあるのですが、起きた時が一番強く出るんです。

あと、だるさ、疲れやすい、
やる気がいまいち出ないなどありました。

それが少しずつ良くなってきましたよ!


スポンサーリンク

自律神経失調症の症状

ブログにも書いてきましたが、
一応どんな症状だったの書きますね。

僕は26歳の時に体調不良が悪化して
働けなくなりました。

だるさ、手足のしびれ、頭がボーとする、おしっこが近い、
目のしょぼしょぼ(かすみ、痛み)
湿疹、息苦しくなるなどしんどい状態でした。

息苦しいのが怖くて乗り物が乗れない、
レジに並ぶのが怖い。
そもそも、外に出るのが不安でした。

変わったところで、高いところがすごく怖い
というのがあります。

自分から飛び込んでしまうのではという不安があるんです。

半年ほど自宅療養をして良くなるのを待ってみましたが、
特に変化もなく時間だけが経ちました。

その後10年ほど自律神経失調症を治すために
試行錯誤してきました。

自律神経失調症を治すためにやったこと

このブログでも自分がやってきた健康法を
書いています。

どんなことをやってきたか、ざっと書きますね。

気功、ローヤルゼリー、漢方、爪もみ、指回し、
呼吸法、首枕、スローコア、食事制限、断食、
自立訓練、瞑想、呼吸法、ストレッチなどほかにもありますが、
だいたいこんな感じです。

僕が効果を感じたのはストレッチでした。

首、肩、背中がすごく凝っていたので
ストレッチで体が軽くなるのを感じました。

鬱の人はほぼ首、肩、背中あたりが凝っているみたいです。

ただ、身体が軽くなるのを感じても症状が
良くなることはほとんどなくて困っていました。

それが、

たまたまアマゾンで知った本の知識で
タンパク質を沢山取るようになって
1か月半でちゃんと効果が出てきたましたよ!

続けたらもっと良くなるんじゃないの。(#^^#)

タンパク質を取るなら卵がおすすめです!

こちらの本を読んでみると卵の素晴らしを
知ることができます。

良かったらどうぞ
↓ ↓

卵を食べれば全部よくなる

アマゾンのレビューで大事なことが書いてあったので
引用しますね。

卵の黄身に含まれるピチオンは生で食べる時、白身に含まれるアビジンにより、吸収されなくなる、生の時は黄身と白身を分けて白身は加熱調理すること。ちなみに生の白身を食べると、アビジンが腸内に既にある他の食品でせっかくとったピチオンも排泄されてしまう。

卵は火を通して食べてください!


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ、自律神経失調症でもできる仕事。 せどりまとめ記事

一日一食と甲田療法で自律神経失調症を治す。 食事まとめ記事

自律神経失調症になった理由  僕の暗い過去話 まとめ記事